Greeting

ごあいさつ

子どもたちとの多くの体験をとおして、共に成長していきたいと思います。
小学校へ入学するまでの乳幼児期の保育・教育活動期を本園で一緒に歩んでいきませんか・・・。

学園長イメージ画像

理事長
青木 誠

理事長あいさつ

本学園は、昭和52年2月、法人の認可を受け、埼玉県知事の認可幼稚園から学校法人青木学園として「桜田幼稚園」を運営してまいりました。平成17年4月に、地域の要望に応えるべく幼保一体化のもとに「さくらだ保育園」を開設いたしました。
そして、平成22年4月に幼保連携型認定こども園の認定を受けまして、園名を「さくらだこども園」とし、従来からの施設である「さくらだ保育園」及び「桜田幼稚園」をその構成施設として運用を開始してまいりましたが、平成27年4月に「子ども・子育て支援新制度」のスタートに伴い、本園は新制度に移行すべく、認定こども園を構成する2施設を統合いたしまして、同年4月から園名を新たな「さくらだこども園」とし現在に至ります。また、同月に「子育て支援センター(カシオペア)」を併設いたしました。
本園は、保育部(旧保育園)、教育部(旧幼稚園)を通じて0歳から就学前の子どもに対する乳幼児保育及び幼児教育並びに子育て支援を総合的に行っております。
本学園の創立者であり前理事長故青木喜代子は、園児に対し「我が子同様に愛情を込めて教育・保育、そして熱い思いを持って」接してきました。この思いは教職員の日々の園児に対する教育・保育等において受け継がれております。
隣接している保育部、教育部においては、行事等を中心に園児たちの交流を図るなどふれあいをも大切にしております。

引続き保護者の方々と園との緊密な連携を保ちながら、共に子どもたちの健やかな成長を支援していきたいと思っております。

青木 誠

園長あいさつ

子どもたちにとって、集団生活の第一歩はこども園(保育園・幼稚園など)であります。また、乳幼児期は、精神や身体の発達の基礎を作る時期でもあります。ゆえに、保護者と保育者の信頼関係はもちろんですが、保育者と子どもとの信頼関係を保つことが発達に欠かせないものです。
子どもたちが楽しいこども園生活を送るためには、保育者が我が子同様に接し、子どもたちの気持ちをしっかり受け止め、心の変化に気づき心の安定を図っていくことが大切であります。
不安を解消し安心して、毎日の生活が送れる環境を整え「こども園って楽しい」と心から喜びの声が聞こえ、自然に笑顔がこぼれるようなこども園であり、子どもたちのよりどころになれば嬉しい限りです。
さくらだこども園ならではの取り組みとしては、お友だちや先生との交流をはじめ、保育部、教育部のお友だちとの交流や地域の皆様との愛情と思いやりのある関わり合いを通じて、子どもたちが沢山の人と触れ合い、多くを経験することによって、発見や喜びそして学ぶことで、豊かな心へと成長し情緒の安定が図られるとともに、人間関係が作られていくものです。
子どもたちが、心豊かな楽しい人生を送るために、子どもたちと保育者が共感し合い、親子の心のつながりを持つことが何より大切であります。保育者は、一人ひとりの育ちゆく子どもたちを見守りながら、一人ひとりに適した発達援助を行ってまいります。
皆様が手塩にかけて育ててこられた大切なお子様の、二度とない大切な乳幼児期であります。一年後、二年後には、随分と頼もしくなり、卒園する頃には立派に成長し巣立ちの日を迎えます。未来の可愛いこども園の子どもたちのために、保育者の資質向上に努め乳幼児の保育・教育に邁進してまいります。
また、未就園児のお子様の子育てに関するご相談や子育て親子の交流の場として、是非、隣接の「さくらだ子育て支援センター(カシオペア)」をご利用ください。

心優しい明るく元気な園児として、小学校へ入学するまでの乳幼児の保育・教育活動期をさくらだこども園で一緒に歩んでいきませか・・・。

園長 井野悦子